大学、高校と受験戦争が厳しくなってきてますが、近年は都市部を中心に私立の幼稚園への受験が大変になってきております。幼稚園の入試は、高校、大学のように難しい勉強は必要ありません。もちろん、年齢に応じた読み書きは必要になりますが、入試に合格するためには、勉強以外の部分が非常に重要になります。それは、礼儀であったりしつけになります。挨拶がしっかりできること、人の話を静かに聴くなどのことです。また、集団の中において規律を守った行動ができることが合格するためには必要です。そのため、試験内容においては、筆記試験はもちろんですが、親を交えた面接が非常に重要になります。その中で落ち着いた態度でいること、しっかりした受け答えができることが試験になります。この面接の中で子供だけでなく、親も試験の対象になります。

幼稚園のお受験をクリアするには

いい大学に入るためには、良い高校に合格することが大切と思われておりますが、近年では、私立の有名幼稚園に試験で入園することも非常に重要になってきております。幼稚園の試験はお受験とも言われ、セレブ家庭の子供がすることと思われていますが、近年は一般の家庭もお受験をしたりします。試験の内容は大学、高校のように学力を見るのが中心ではなく、子供の状態を見ることも大切です。そのため、専門の塾があったりします。その塾では、勉強はもちろんのこと、挨拶、食事の仕方、人の話を聞く態度など、しつけに必要なことを教えたりします。また、塾は子供だけではありません。家庭での過ごし方も指導されますので、親も参加することが必要になったりします。実際の試験の面接では、子供だけでなく、親も同席した面接になります。家庭が協力して試験に臨むことが大切です。

幼稚園受験をする意味について

教育ママという表現は悪い意味で使われることもありますが、子どもに学力をつけることは決して悪いことではありません。子どもの脳は乾いたスポンジと同じで、学んだことをどんどん吸収していきます。将来就く仕事の選択肢を増やすためにも、色々な経験をさせることが大切です。その代表が幼稚園の受験で、都市部においては多くの子どもが受験をしています。もちろん万全の対策は必要ですが、合否は後から付いてくる問題です。綺麗な言葉を並べても、人生は競争の連続です。仮に不合格になったとしても、失敗を経験しておけば今後の人生の糧になります。叱ることをせず、前向きに子どもを頑張らせることが重要です。無論、合格すれば様々な良い経験が出来ます。私立幼稚園では良質な教材が使われていますし、学力が飛躍的にアップして、今後の進学に繋がるはずです。