幼稚園の受験では、行動観察と面接が中心となり、ペーパーテストがないケースが多いです。そのため、豊富な知識量や知能の高さだけでは合格できるとは限りません。行動観察では、親と子どもが同室で過ごす様子を見られるものと、親と子どもが離れて過ごす親子分離などといったものがあります。知らない子ども同士とでもすぐに打ち解けあって楽しく遊ぶことができるかどうかも、行動観察では重要な要素となりますが、子どもが親と離れる際に泣いてしまったりすると、一旦試験を中断せざるをえなくなります。最悪の場合不合格になってしまうこともあるため、幼稚園を受験する前に幼児教室に通わせるなどして、親と離れても他人と交流できるように対策をうっておくことも大切になります。幼児教室では、家庭とは異なる環境のもとで子どもが色々な経験をすることができると同時に、親と離れることに慣れていくことで、試験時に泣くようなことも避けられます。また人見知りをしないように、普段からご両親の知り合いなどの大人とも接する機会を増やしていくことで、園の試験官から出された問いかけにスムーズに答えることができるようになります。

幼稚園受験の利点とは何か

現在日本では、少子化が進んでいるということもあり、一人っ子も増えつつあります。子供が一人という家庭は特に、一人に対してより力を注ぎ大切に育てていこうと考えるのではないでしょうか。そういうことも関係し、近年では良い幼稚園に入園させるために受験対策をしている家庭は多くなりました。受験対策としては、幼児教室に通わせるという人が大半です。幼稚園を選んで入園するメリットとしては、自分の教育に対しての考えにあった方針の園を選ぶことができるというのが一番ではないでしょうか。子供が興味のあることや、個性を大事にしていきたいのか、学ぶことに力を入れたいのかは、各家庭の考え方が違うように、園ごとにも差があります。どこを選ぶのかは親が決めますが、通うのは子供ということを頭に置いておき、慎重に選ぶようにしましょう。

幼稚園受験の対策について

都市部に住んでいると、幼稚園受験をする人が多いようです。早過ぎるという批判の声もありますが、決してそんなことはありません。幼いうちにプレッシャーを経験することで、それらが免疫になって人間として大きく成長出来ます。失敗しても次へのモチベーションになりますし、合格すれば大学までエスカレーター式に進学が可能になりますし。勉強が必要なのは当然ですが、長期的な視野で将来を考えることが出来ます。一歳になった頃から受験対策を始めるケースもありますし、まさに親子の共同作業でもあります。子どもの品格はもちろんですが、それ以上に大事なのが親の自覚です。面談では色々な質問をされますし、何度もシュミレーションをしておくことが、合格を掴む近道になります。千里の道も一歩からと言いますが、コツコツと努力を積み重ねることが重要です。