最近は、幼稚園受験をされるお子様が増えてきています。受験のために塾に通ったり、面接の練習をしたりと様々な準備をされていますが、実は試験は、入試当日だけではありません。例えば、幼稚園では入園希望者の為に、見学会を行います。その時から先生方は、しっかりと色々な所を見られています。まだ願書も出していないのにと思われるかもしれませんが、見学会では必ず申込書等に名前を書きます。もしもその見学会で、お母様が「あれはできますか」「これはできますか」と質問されるとします。そうすると、こちらのご家庭は、要求ばかりを言ってこられて、学校側の方針に協力してもらえないご家庭ではないだろうか。という印象を持たれてしまい、名前が特定できるので、願書を出して試験を受けても、入園が難しくなってしまいます。見学会にご参加される時は、既に試験が始まっているという気持ちで参加すると、合格への近道になるかもしれません。

幼稚園受験にコネを使う人もいます。

特に都市部に暮らす家庭の子供は、幼稚園に入学するために幼い頃から受験に突破するため専門の塾や習い事に通っています。生まれて数年しか経っていない幼児に教育と言ってもできることは限られますし、選抜するといっても中学や高校のような明確な選抜基準はわかりません。幼稚園は親も巻き込んでの受験になります。親も見られています。しかし、どんなに子供や親が頑張ろうとも、元々入園できる人数枠が少ないことが有り得ます。私立幼稚園は、コネが存在します。兄が通っていれば弟も通えることになる場合もありますし、園長と個人的に繋がりがある人や通っている塾や習い事を通して伝手を得るという人もいます。努力して自分達の力で合格しようと頑張っている人には残酷ではありますが、伝手やコネが今でも多くあるという事実も知っておいた方が良いでしょう。

幼稚園を受験すると言うこと

幼稚園を受験することの賛否はわかれますよね。受験をするとなると、子供は2歳前後から準備を始めるわけです。まだほとんど物心がついていない時期ですね。なのでお受験教室や受験のための準備は両親、特に母親と二人三脚ですすめる家庭が大多数でしょう。赤ちゃんと呼んでもさしつかえない年齢の子が、母親と同じ目的にむかってすすむ・・・決して悪い事ではないですよね。むしろ子供は楽しく嬉しいのではないでしょうか。そして大学までエスカレーター式の幼稚園に入学出来て、大学まで受験を経験しなくてよいとしたら子供にとっては何よりかもしれません。もちろん2歳の子を相手に母親が過剰に厳しくなる、ヒステリーを起こす・・・などと言うのは例外ですけれど。子供は母親が笑っている顔が大好きです。母親が楽しく優しく子供とむきあえるなら受験は非難されるものでは絶対にありません。